愛はここにあるんだよ

求めるな、与えよ。

松島聡くんで50音短歌

そうちゃん、お誕生日おめでとう!!!!!

 

優しくて、あたたかくて、気遣い屋さんのそうちゃん。魂のこもったパフォーマンスを見せてくれるそうちゃん。繊細だけどダイナミックな貴方のダンスが好きです。

 

戻ってきてくれてありがとう。元気でいてくれてありがとう。新しいサコッシュ、とってもかっこよくて見るたび惚れ惚れしています。そうちゃんのかっこよさは無限大だなあと思う今日この頃です。いつまでもいつまでも、その姿を追いかけていたいなあと思います。

 

そうちゃんに楽しいことがたくさんありますように。そうちゃんの夢が叶いますように。そうちゃんが幸せでありますように。幸せが、ずっとずっと続きますように。なによりも貴方が健康でありますように。

 

お誕生日おめでとう。今日もあの空に負けないくらい、眩しい笑顔でいてね。

 

あ  愛を知る 君の眼差し 紡ぐ言の葉

     おかえりが咲く 特別な夏

い  イヒヒヒヒ 君とジェラート 軽井沢

      5人で食べる マジオブセ!

う  泡沫の恋心さえ 離さない

      やっと繋がる マスターピース    

え  絵空事 それじゃダメだと 探してた

      答えはいつも フィルムの中に

お  おかえりと 君に言えるその時を

     あの雪の夜から 探してた

 

 


か 彼は誰時 掴んだ光 離さずに

     夜明けの風に 夢を託して    

き  気付いたんだよ 君がそこにいる幸せを

      君の代わりは誰にもできない

 くっつくと 手に取るように聞こえてる

      誰より優しい 僕の相棒

  経験値 魅力あふれる 舞い踊るきみ

      ここが僕らの始まりの場所

  言葉にするより 聴いてほしい

       幸せ願う 紅き光を

 

 


 さあ行くぞ 松島行くだろ? 行かないの?

      おっけい! 松島行くぞ

 知らなかった ぱっとみつめて 気が付いた

     秘密の縦文字「そうおかえり」

 素晴らしい いつ話しても 面白い

     トンビと松島 クレープの春

 世界中 どれだけ探しても見つからない

      土鍋ご飯と甘いお味噌と

  「そうちゃん」に込める気持ちを読み取れば

       素敵な秋が 見えてくる

 

 


  たまらなく 愛しく優しくあたたかく

       似合いのコート 双子みたいで

   小さいと こういう時に得をする

        おれとそおくん 特別な台

つ    付かず離れず今日もまた

       舌ぺろ見てたよ! やってたよ!

   手のひらのあんぱんそっと 見つめてる 

        忘れられない あのカレー

    とめどなく流れる景色に 君想う

         2人の車内 横顔見つめ

 

 


  なああのさ サコッシュじゃないよ

       メッシュだよ そういうところ 好きだけれども

に   14時過ぎに 見上げた空は まだ鈍く

       夏が来るまで あと少し

  温もりは左の方からやってくる

       優しい笑顔と 柔らかな声

  ねえねえねえ、 なんでそおくん 座ってるの

       まあいいけどさ ビスかわいいね

   飲まなくても 伝わってるよ

        無理しなくても 届いてるんだ

       きみは、そのままが一番いいって。

 

 


 は? ええ?  きみとの時間は奇想天外

      とりあえず卵は割らないで

  ヒトメボレ なつしずかに きぬむすめ

       お米伝説 主役は君だよ

  ふれてみる 優しいきみの やわらかいとこ

      信じる人は いつだって、

へ   部屋を出て 青空の下 噛み付いた

       君もみんなも 大好きな肉

  炎の中を 生きていく その水色を追いかける

       欲しいものは、けんとくん!

 

 


  松島見てるー? 画面の向こうを見つめてる

       名前を出せる 幸せを

み    水の中 夏の光を 泳いでる

        魔法はずっと 溶けぬまま

 無我夢中 バイバイDuバィ 頬に触れ

     頼りにしてる ふーまちゃん

 目の前の景色と声に ピンとこず

      行くぞと言われ 背中追いかけ

   もちもち まんまる 優しいよ

      ふーまちゃんのこと、知ってるよ

 

 


 優しくて 頼もしくって おいしくて

      土鍋ご飯は しょーりが一番

 雪のよう 強く優しい その背中

     健やかな声に 導かれ

 よろしくね あれから随分来たけれど

      いつだって隣は 眩しい太陽

 

 


ら   ラブですメンバー 好きなのです

       Sexy Zone が、僕の居場所

り   リアルな感情吐き出して

       飛び込んでみる光の中へ

       望んだ世界は もうすぐそこに

る    るんるんで 触れたてのひら あたたかい

        僕たちは今日も ピンチに強い

   連絡は お願いだから 早めがいい

        一週間は長すぎる

   ロケットじゃ 攻略できない 難しい

        将棋上手いね、ふうまくん

 

 


わ  分かち合う 雨も雪も 曇りの日も

       5人でいれば きっと快晴

を   を?え!! そんなことないよ

       ツーショット確かに 撮ったけれども

ん    んんんんん! 美味しいけれど 大きいな!

        噛みきれないよ 美味しいけど!

 

 

 

 

 

爽快な夏の記憶を抱きしめる

嬉しくて、優しくて、愛おしくて。

茶畑の中で笑う君。

んーと強くて眩しい君へ

おかえりなさいとありがとうを。

目の前の貴方を焼き付けられる幸せを、

電車の景色が流れるように焼き付けて。

時の流れにおいてかれないように。

歌声が、ずっとずっと、響いていますように