愛はここにあるんだよ

求めるな、与えよ。

五色の薔薇の咲く頃に。

Sexy Zone は、優しい。

 

緑の子がおやすみしてから、明らかにグループのお仕事をグッとセーブしてるような、そんな風にわたしにはみえている。

そりゃ勢いのあるグループは目立つし、あからさまに絆をアピールするグループも目につく。だけど、わたしは、5人を守るためにその道を選んだ彼らを、応援したいなあと思うのだ。

 

偉そうに発言するのも、求めるのもなげくのも、時には離れるのだって必要なんだと思う。だけど、やるだけやって、彼らに言葉のナイフを突き刺すような、そんなことはしたくない。進むために少しスピードを緩めることすら許されないなんて、そんな世の中息苦しいでしょう?

 

ファンの勝手な欲望ではなくて、

目の前の、本人たちの気持ちを、

大切にしていきたいと思う。

 

大丈夫。いなくなった分は、無くした分は、

また取り戻せばいい。

現状に怒って喚いたっていいけど、本人にしかわからないことたくさんあるのを忘れずにいたいなと思う。目に見える世界が全てじゃないことを、忘れずにいたいなとも思う。目の前のことを純粋に楽しんで、笑っていたいなあと願う。他グループを妬まず気にせず、何事も明るく素直におめでとうっていえる大らかさを持ちたい。あとたびたび議論になってるの見るけどわたしは議論したり不安になったりするためにファンになったわけじゃないから。「嬉しいものだけ」まずはみていたい。がんばれがんばれって、必死にもがいている人たちを応援するのには使いたくないのです、わたしは。…というかただでさえ人生ハードモードなんだからアイドルのことを考えてるときくらい幸せでいたいな。求めるな、与えよの気持ちをずっと持っていたい。もちろん、悪いことは悪いっていうし、大事な時はいつだって前線で戦う戦力になるけど、毎日それやってたら長続きしないんですよね。ここぞという時に、大好きなもののために戦える人間でいたいから。

 

アイドルは、

ファンの欲望のサンドバッグじゃないんだ。

 

馬鹿みたいに不安になってピーピー騒ぐ前に、

シングルや何か形に残るものをねだって

愛されることばかりのぞむ前に、

 

彼らのことを信じることを、忘れずにいたい。

最初の気持ちを、忘れずにいたい。

 

大丈夫。夢に見てた未来は、きっと叶うよ。

 

「かわいそう」売りをしない彼らを、

あえて名前を出さない彼らを、

そして誰よりもさみしくて、優しくて、

それでも前に進む彼らを、信じているから。

 

花が咲くには太陽がいる。

彼らはきっと今、たくさんの水と養分を集めて、

満開の花を咲かせるのを待っている途中だ。

春が来る日を、太陽が顔を出す日がくることを、

いつまでもいつまでも待っていたいと思う。

 

 

片野坂無双

7話ー!!!

 

まずはひとまずカイくんとジロちゃんの話からしましょうかね。

・暗証番号 1111

いやいやいや、仮にも警察官の卵!!セキュリティもへったくれもない!!!!!

だけど「事件解決した記念」だというからなんのことかと思ったら3話でジロちゃんと金髪フライパンバンバン男を倒した時の記念だったようで…そうか…あみさんの事件解決できたの嬉しかったのか…変えてください、って言いづらくなってきましたね…

やっぱりあみさんの事件で全力で動き回れたことがカイくんにとっては大きな、特別な経験だったんだろうな。あの時の気持ちをずっと抱きしめていてほしいなと思います。

・ジロちゃんと携帯

私は訝しい人間なので、つい疑ってしまう…ジロちゃん、証拠の携帯壊してないだろうか…ジロちゃんならもしかしたら、不倫の事実を隠したいと思うんじゃないかと疑ってしまいます…

そしてここからはいつもの推察タイムですが、仮にジロちゃんがスマホを自分で破壊した場合、カイくんかなりショックなんじゃなかろうか……天真爛漫なジロちゃんだからこそ、蓋を開けた時の闇が大きいのかなあと思ってしまう。とっさの頭の回転恐ろしさはカイくんよりジロちゃんの方があると思うのです。予告にあった、一番恐れているジロカイの仲間割れ。カイくんにとってジロちゃんは光で、希望で、その希望に裏切られたとわかった時の「俺には本当のことを話してほしい」なのかもしれないなあ、と。自分だけは信じてもらえると信じてたのにジロちゃんに殴られたら、さすがにカイくんも怒るよね…

冬美ちゃんも心配です。事件に心労を覚えただけじゃないよね、きっと。冬美ちゃんが背負うものを誰かにはんぶんこできますように。

・カイくんがたった

カイくん!!!!!貴方ぎっくり腰なのにあんな無茶な立ち方して…怪我ないですって言ってたけどあなた!!ぎっくり腰はちゃんと病院行かなきゃまたやるんだよ!!私みたいに!!お恥ずかしいことにまたぎっくり腰やりました…カイくんとお揃いです、えへへ…情けな…

・『僕らはまだ何も残せていない』

お姉さんから拳銃を受け取るシーン、カイくんはじめて「俺が」って言いましたね。俺たちより、俺が、が先に来た。うまくいってもいかなくてもちゃんと自分の、自分たちの手で蹴りつけようって決めたんだなあ。ひとりでも正義を貫こうと決めたその姿に、カイくんの成長を感じました。

・カイくんと片野坂さん

「自分で答えを出せ」と言った片野坂さん…あまりにも正しい教育者の鏡です…

 

さて、ここからは片野坂さんの話をしますよ…7話の主役は間違いなく片野坂教官でした。終わる頃には片野坂ファンクラブできちゃうやこれ… 

人質としてやってきた片野坂さん、すぐに「謝るな」と言った片野坂さん……カイくんとジロちゃんの正義を誰よりも信じている片野坂さん…

及川助教に寄り添う片野坂さん、めちゃくちゃかっこよかったですよね?!7話のベストシーンは間違いなくあのシーンだと思うんだよな。

片野坂教官…凛々しくたくましく美しい教官…教官の願いもジロカイちゃんが叶えてくれるのかな。2人の正義がどうか最後まで、ブレずに輝くことを願います。

 

あーあと3話で終わってしまう…寂しくなっちゃうな…ジロカイいっぱいいろんな顔見せてほしいなあ。幸せでいておくれ。

来週も楽しみだな。とりあえずSATの彼は許しません。本間快の無垢な心を汚した罪は重いぞ!!

贔屓が優勝した日。

貴方が最初に優勝した日のことが、遥か遠くの彼方のように思えるのはなぜなのだろう。

 

 遡ること5年前。2015年の5月。

貴方がはじめて優勝した時、私のまわりには色がたくさん溢れていた。好きなアイドルにいつでもテレビの中で会えたし、日馬富士はまだ現役だったし、おばあちゃんも生きていた。

貴方が優勝した日のことをとてもよく覚えている。嬉しかった。めきめきと力をつけて、誰よりも階段を駆け上がっていく貴方を見れたこと。眩しくて愛しくてたまらないお相撲さんの、はじめての優勝。照ノ富士。名前にぴったりのきらきらな笑顔。日馬富士が援護射撃をしたことも忘れられない。きっとこれからどんどん上に登っていく貴方を見れるんだって、楽しみで、わくわくして。未来に夢しかなかった。希望だけを抱えて、貴方が番付表の一番上に乗る日を、横綱になる日を夢見て生きていた。

 

だけど相撲の神様はあんまり優しくなくて。あの秋の日。貴方が怪我をした日の前後のこと、私はぼんやりとしか覚えていないけれど、強行出場していた貴方を見ては、胸を抉られていた。それでも土俵に立つ貴方を、どんな顔をして見たらいいかわからなかった。

 

2017年の春。好きなアイドルが解散して出来た心の穴を埋めてくれたのは貴方の相撲だった。優勝決定戦、今でもすぐに思い出せる。もう大丈夫かなって、勝手に安心した記憶もある。かっこよかった。眩しかった。一年かけて心にあいた大きな穴を埋めてくれたのは、確かに照ノ富士の相撲だったよ。照ノ富士の相撲が、好きなアイドルとともに夢も希望もなくした私の光だった。

 

同じ年の秋。私に相撲の楽しさを教えてくれた人が土俵を去った。まさかあんな終わり方になるとは思わなかった。一年前と全く同じ景色をまた見ることになるとは夢にも思わなかったなあ。過熱する報道。またつけられなくなるテレビ。ニュース速報を見て貧血になったこと、なんとなく覚えてる。悔しくて悲しくてたまらなかった。だんだん相撲を見れなくなった頃、スポーツニュースでぼんやりと見た貴方の休場のニュース。ああ、って、それ以降をあまり思い出せない。私の光がまたひとつ、あの秋に消えたのだ。

 

2018年の春。大阪まで貴方の相撲をみにいった。その日の十両最後の取組。勝ち名乗りを受ける貴方の姿を昨日のことのように思い出せる。場所入りする時の姿を久しぶりに見れて腰を抜かしかけたことも覚えてる。もう照ノ富士は入った後だろうと思い込んでいたから。目の前を歩く照ノ富士の姿に動揺する私を冷静に友人がカメラに収めていてくれたことが救いだったなあ。私のスマホは動揺しすぎて天井を向いていたので…

そういえば、この時うしろの席で照ノ富士の対戦相手の名前を叫んでいたのがのぎちゃんだ。勝手に応援合戦が始まってしまって近くの見知らぬご令嬢に笑われたことは未だに語り草である。

怪我はあれど、ひとまず照ノ富士が元気そうな姿を見れて安心をした。でも明らかに体つきがこの頃からなんとなくぼやけ始めてきて、しまってる、とは言えなくなってきていて。日々膝の厚みも増してきて、いつ休場してもおかしくないかもしれないと怯えた。とにかく怪我なく、無事でいて。そう願うことしかできない。

 

嫌な予感というものは当たってしまうもので、その次の場所で照ノ富士は休場。再出場はしたものの、正直もうどう応援していいのか、画面の向こうから、会場の座席から、どう声をかけるべきなのかわからなかった。怪我をした体に、満身創痍の照ノ富士にがんばれ、とこれ以上何かを背負わせるのは違うのではないか。休んで、と言いたいけれど、休んだら十両からおちてしまう。かつててっぺんに一番近かった照ノ富士が、光の方からどんどん遠さがっていく。どの道を選択しても地獄。進んでも、退いても、結局はどこかに傷を負う。あの日の照ノ富士にかけるべき適切な言葉は、未だに見つけられていない。

 

2018年の7月場所からは、引退の報を見るのが怖くなった。もしかしたら、と勝手に覚悟をしてしまっていたように思う。照ノ富士の名前もテレビから聞こえてくることが減った。お相撲を見ているのはたのしいけれど、なんだか心の隙間が埋まらぬまま。同じ月に大好きだった落語界の大師匠が亡くなったこともあり、虚無感はずっと拭えないままで7月場所が終わった。

 

もう一度生きることへの意欲を与えてくれるアイドルに出会って迎えた秋も、その次も、そのまた次の1月も。貴方の姿は土俵にはなかった。

もう毎場所毎場所本当に怖かった。辞めちゃうんじゃないかって。そもそも元気なのかもわからない。続けたいのかもわからない。たまに聞こえる動静だけが頼りだった。そういえば変な記事が出たこともあったな。いつもならまさかと笑い飛ばせたけれど、笑い飛ばせなかった。だって、どこを探しても貴方はいないから。

 

2019年の春。久しぶりに戻ってきた貴方は、序二段という、以前からは考えられない場所にいた。がんばれと言いながらも、どうしていいかわからなかった。辞めちゃうんじゃないか。本当は続けたくないんじゃないか。またかける言葉が見つからない。

 

序二段をこえ、三段目をこえ、幕下優勝をし、十両に戻ってきてからも、かける言葉が見つからない日々は続いていた。がんばれ、以外の言葉が知りたくて、でもありがとうはなんだか違う気がして。照ノ富士が怪我から回復して強くなれば強くなるほど、迷ってしまった。待ってるも、がんばれも、土俵に戻ってきてくれてありがとうも幕内復帰が決まったあとのおかえりも、全部全部後ろめたかった。

 

こちらが勝手に悩んでいる頃、照ノ富士はついに一番上の幕内に戻ってきた。戻ってくるだけでも奇跡だったのではないかと思う。

 

さて。2018年の夏にSexy Zone に消えかけの命を拾ってもらってから、私の毎日はまた色を取り戻しつつあった。毎日何かしらわくわくがあって、きらきらしていた。だけどSexy Zone に出会ってからまだ幕内に贔屓がいる場所を経験していなくて、だからすっかり忘れていたのだ。アイドルと相撲の靴を同時に履きながら日常生活を送ることの難しさを。

数年ぶりに好きなアイドルも、相撲の贔屓もいる中で迎えた本場所。二日目の夜に一回バッテリーが切れた。楽しくて忙しくて楽しい。この感じ、すっかり忘れていたのだ。

仕事をし、相撲を見て無事を祈り、KTTを見て、未満警察を追っかけながら見る名古屋場所はなかなかの重労働だった。というか場所があるのも贔屓がちゃんと幕内にいるのも久しぶりで、体力がなくなっていた。祈る、ということは体力を使うのだ。

 

照ノ富士の無事だけをとにかく毎日祈っていた。とにかく怪我だけはしないで無事でいてくれと、それだけを願う日々だった。だけどまだ言葉に迷っていた。頑張っている貴方に頑張れなんて、言えなかった。

 

私の中で後ろめたさが消えたのは、9日目の照ノ富士の勝ち越しインタビューを見た時だった。

もう28歳の男性にこんなこと言ったらさぞ失礼だろうが言わせてくれ。照ノ富士がびっくりするほど大人になっていた。色々あった間も何度かインタビューは見ていたけれど、その時はまだ少ししっぽをブンブン振る照ノ富士が残っていたような気がする。それがなんだ、あの照ノ富士が可愛らしいしっぽを残しつつ大人の男に進化しているではないか!!

「親方を信じてやってきて良かった」という言葉に引かれるほど泣き、一番一番を大切にと語る照ノ富士を、ぼやっとしていない引き締まった体の照ノ富士を見て、迷いが晴れた。本人は前しか向いていないのだ。それならば追い風になれるように声を届けたい。中日の#相撲愛テレビの時も何度か照ノ富士への気持ちを口にしていたけれど、もうここからは迷いなく堂々と叫ぼうと決めた。

上を目指したくても目指せなかったこと。弱音をこぼしたこと。直接的に悔しさをぶつけたこと。やめようと思ったこと。全部全部、今の照ノ富士を作るものだから。

待ってる、も、おかえり、も、がんばれ、も何か後ろめたかった。照ノ富士が土俵に戻ってきたいと本気で思っているのか怖かった。だけど「親方を信じてやってきて良かった」を聞いたらもう迷う理由はないのだ。おかえり。おかえりなさい。だいすき!!がんばれ、照ノ富士!!!!!怪我だけはしないでね。無事でいてね。がんばれ、てる!!

 

12日目あたりからはもう毎日毎日胃が痛かった。まさか優勝争いを引っ張ることになるとは思わなかったのだ。怪我せず勝ち越して2桁ぐらいの感じだった。でもよく考えたら2桁って伸ばし続けたら優勝争いに残るんですよね。思い出した。照ノ富士、めちゃくちゃ強いんだってこと!!

 

14日目。照ノ富士が敗れた時が胃痛のピークだった。照ノ富士の勝敗がついた時点で二敗が2人。三敗が2人。肘のかさぶたをめくる余裕のあった正代は強かったし、一番本気にさせてはいけない御嶽海が優勝を虎視眈々と狙っていた。御嶽海はいざという時恐ろしいほど強いのだ。明日下手したら優勝決定戦ではないかと肝が冷えた。いくら調子がいいといえど照ノ富士には膝の古傷がある。リスクは抱えてほしくなかった。

その日の結びは、照ノ富士と同じ部屋の照強が登場した。さすがに新大関相手だから、と思っていたけれど照強は見事にやったのだ!!勝った!!!これで二敗が1人、三敗が3人!明日照ノ富士が勝てば、優勝。負ければ巴戦という可能性は残ったが、それでも一発勝負に勝てば、という兆しが見えた。一度なくなりかけた大チャンスを照強が再び引き寄せてきたのだ。光がぐっと近づいてきた。照強は言う。「伊勢ヶ濱軍団としてしっかり援護できるところはして明日ぜひ勝って優勝してもらいたい」

私はこの照強の言葉に、5年前を重ねた。5年前の照ノ富士の初優勝の時も、日馬富士が鮮やかな援護射撃を決めたのだ。ああこれはもしかしたら。

 

奇跡はもう、すぐそこまできている。

 

14日目の夜。未満警察まで胃痛を誘発してくるとは思わなかった。なんと、ぎっくり腰を抱えたまま本間快くんが自ら人質として残ると言い出したのである!!好きな人の無事が確認できるのが一週間伸びてしまった!!!相撲が終わっても胃の痛みが続くのだと頭を抱えた。

 

千秋楽の朝。前日仕事をしダッシュで帰宅して相撲を見て未満警察を見て、という過密日程で眠たくて眠たくて仕方ないと思いながら寝たはずが、普段よりも早く起きてしまった。無駄に緊張していた。本人よりもファンの方が焦っていたのである。

しかも今日はずっと楽しみにしていた中村海人さんのソロコン、サマパラ配信の日だった。そのために休みを変わってもらったのに朝からこの慌てよう。そもそも名古屋場所が通常開催なら8月にやることなんかなかったし、私はたぶん千秋楽のチケットとって名古屋にいたし、サマパラと被って大焦りなんてことなかった。おのれコロナ。サマパラ→相撲→サマパラ→相撲というどたばたないちにち。サマパラの前にうたた寝をして変な夢を見て飛び起きるくらいには、緊張していた。

12時のサマパラを見終わったあと、私は少し冷静になっていた。今日が中村海人さんのサマパラの日でよかったとつくづく思う。中村海人さん、自律神経に効く。ちょっとだけ情緒がおちついた。

ところが情緒がおちついていたのは一瞬で、三賞選考の発表を見てまた情緒があっちにいった。『*優勝したら』を三賞の条件にするな!!!!!落ち着かんだろう!あとなんで照強三賞ないのよ。

照ノ富士が優勝するかもしれないし、照ノ富士のほかに優勝を争う三人は皆友人達の贔屓であるため、どうしても神社に行きたかった。あとそろそろ御嶽海なんとかしてくれ、あがってくれという気持ちもあった。サマパラと相撲の間に神社に行って誰が優勝しても怪我をしないようにと祈り、帰りに赤飯を炊くための材料を買った。もう誰が優勝しても赤飯を炊こうと決めたのだ。

15時のサマパラでまた情緒を取り戻し、そうして迎えたこれより三役。照ノ富士がこれより三役にいるのが嬉しかった。本当に幕内に戻ってきたのだなあと実感した。

いるかのクッションを握りつぶす勢いで迎えた照ノ富士と御嶽海の一番。胃が痛かった。2人に勝ってほしいというわがままな気持ちも生まれていた。とにかく怪我だけは、怪我だけはしないでと願った。

 

照ノ富士が勝ちました!照ノ富士、復活優勝!」

 

三瓶アナの声と、私の奇声は同時だったように思う。いるかのクッションが吹き飛んでいた。

 

照ノ富士が、優勝した。

 

優勝インタビューを見て泣き、師匠から優勝旗をもらう照ノ富士を見て泣き、気付いたらかっこいいエンディングが終わっていた。

 

照ノ富士が優勝した。

まごうことなき復活優勝だ。

 

 

五年。五年だ。

照ノ富士も社会も私も変わった。見ている景色はカラーからモノクロになって、一瞬色がついたあとまたモノクロに戻ってカラーになった。

アイドルも、大好きな曽祖母も、日馬富士も、みんなみんないなくなってしまった。人生の思い描いていた理想なんてもうどっか行っちゃったし、5年前とは世界の色が全然違うけど、それでも貴方が幕内に戻ってきてくれたこと。それが一番嬉しい。

 

組長、伊勢ヶ濱親方が引き止めてくれて本当によかった。

 

イケイケを超えた先の照ノ富士は、かっこよくて、眩しかった。貴方が未来を夢に見れるのが本当に本当に嬉しい。

 

優勝おめでとう。

やめないでくれてありがとう。諦めないでいてくれてありがとう。折れないでくれてありがとう。気持ちを繋いでくれてありがとう。戻ってきてくれてありがとう。続けてくれてありがとう。

おかえりなさい。貴方がその場所に立つ日をずっとずっと待っていました。おかえり。

照ノ富士。その名前の通り、未来を希望で照らしてくれる貴方が大好きです。

どうかどうか、怪我だけはしないでね。どうかどうか、1日でも長くその場所にあなたがいれますように。どうかどうか、もう一度、貴方が今以上の未来を描けますように。やっと、やっと夜明けだ。

 

イレギュラーにイレギュラーを重ねたような場所でしたが、なんとか15日間無事に終われて本当に本当によかった。みんな無事でよかった。国技館という密に密をのせたような場所で15日間対策をしてやりきれたことはこの先の希望になるんじゃないかなあ。今回ほど相撲が見られる幸せをかみしめた場所はありません。本当に本当に15日間ありがとうございました。

 

まだしばらく胃痛の日々は続きますが大好きな人に大好きとありがとうを叫べる幸せを噛みしめながら生きていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。あたたかな日々をお過ごしください。

ぎっくり腰は病院に行ってくれ!!!

さーて、今週の未満警察の感想は!

 

・カイくんとぎっくり腰

・ジロちゃんとガムテープ

・「かばった」ことの話

・片野坂教官の眼差し

・メガネがわれなかった日

 

の5本です。ということで上から順番にいこう。

 

カイくんとぎっくり腰

…てっきり怪我して車椅子かと思ってたよ…まさかのぎっくり腰でしたねカイくん…

わかるよカイくん、気持ちは非常によくわかる。ぎっくり腰って意味不明な時にくるしふざけんなってくらい痛いよね…

でもねえ!!だからこそ!!解放されたらすぐ病院に行ってくれ!頼む!!

いやまああの場面で、事件解決を目的に人質を解放するなら間違いなくジロちゃんなのはわかるんですけど今の本間快に人命救助は無理ですよ…及川助教や正義の信念の元守ると決めた御姉弟を物理的に守れないでしょ今のあなたじゃ…!!片野坂教官早くきてくれ…今の本間快くんは頭以外つかいものになりません…すっとこどっこいがすぎるぞ本間快…!!佇んでる場合じゃないのよ!

 

ジロちゃんとガムテープ

だんだん本間快の扱い方が分かり始めたらしいジロちゃん。序盤から絶好調すぎて笑いました。作中一番の笑顔で外泊願いを奪い取られた仕返しとばかりに「警察官になりたいんだ」を再現するジロちゃん…カイくんが一番もやもやいらいらする方法をよくわかっていらっしゃる。ジロちゃんだけが許される芸当です。

かと思えば「カイくん傷つけたら許さないからな」ときたもんだ…どっから来るんだそのブレない愛情。自分以外いじめることは許さんとばかりの圧でしたね。さすが百獣の王一ノ瀬…ラストのジロちゃんもなかなかぞくぞくしました。カイくんいない時に明らかに目の色変わるジロちゃん、いったいどういう心境なんだろう。

今日一番ジロちゃんで気になったのはガムテープでした。わりとガチガチにまかれてたよね?!なにしたの?!どういう力の使い方をしたんだ。握力おばけなの?!

 

「かばった」ことの話

予告の時から気になっていたワード「かばう」。今日は『犯人を庇う』の方の使い方でしたね。でも予告「かばった意味がないな」なんだよな…これはあの姉弟に対してなんだろうか…

少しずつ目の色の変わっていく助教に痺れました。戸惑い、怒り、焦り、気付き。全部が混ざっていた表情。普段冷静な助教からは見れない顔でしたね。ちゃんと助教も人間だったんだなあ。

カイくんが「5人」と言った時、そこに助教が含まれていたのにもぐっときました。どうか今度は圧に屈せず、見捨てずにいられますように。助教無事でいてください。

 

片野坂教官の眼差し

くうう…!!教え子第一の片野坂教官!!警察という組織の歪さが明らかになる中唯一愛のある感性をお持ちの片野坂教官…!!来週どうやらカイくんのところにも来てくださるみたいだし…片野坂教官の無敵の安心感なんなんでしょう本当に。懐深いとか包容力とかって片野坂教官のためにあるんだな。片野坂教官のスピンオフをください…なんで離婚したのかとかそういうのもちゃんと知りたい。

 

メガネがわれなかった日

ついに、ついにカイくんのメガネが無事なまま終わった…けども!!だがしかし!!メガネが割れるのはある意味事件解決と本間快生存の合図でもあったんですよ。今週メガネが割れなかったことを考えるとまだ何も終わってないし本間快くんは解放されていない…ぎっくり腰のまま佇んでいた…

いやいやいや本間快さん?確かに外に出るのほぼ不可能だから残るのわかりますけど!!銃に気づいたのも水鉄砲をあてたのも硫酸って見抜いたのもぜーんぶえらかった!!でも体力おばけのジロちゃんがいない今!ぎっくり腰本間快に姉弟も及川助教も硫酸の人も託すのはちゃめちゃに酷では…?今の本間快に人命救助は無理です佇むことしかできません……佇んでるのかっこよかったですけどね?!かっこよかったですけど!!どうするのよ…貴方車椅子から落ちたら腰痛くて動けなくて終わりだぞ…そういうとこがすっとこどっこいなんだよ本間快くん!ただでさえ相撲の方で毎日胃痛に襲われているのに…カイくんが腰に爆弾を抱えたまま人質として残っちゃった…心配です…

 

いよいよ始まった逆襲編。カイくんが闇落ちしないよう願っています。来週の安否だけでも教えて…めちゃくちゃ心配なんですが…

カイくんとにかく解放されたらすぐ病院に行ってくれ!!!!!

ほんとに次の土曜日が待ち遠しいです。どうかどうか、2人の掲げた正義が誰かの希望の光となるものでありますように。

 

 

0728 中島の変〜天邪鬼に愛された男〜

またも中島健人くんが快挙を成し遂げたことが判明した。内容があまりに衝撃の強いものだったため新たに中島の変として書き残しておくこととする。

 

とりあえずまずこちらを聴いてください。

2020年7月28日(火)22:30~23:00 | レコメン!22時台 | 文化放送 | radiko

 

 

1.中島の乱

中島の乱とは、中島健人さんが突如放り込んだとんでもない大事件のことをいう。以下、ざっくりとした時系列。


2020年5月14日

0514 中島の乱、何がいったいすごいのか? - 愛はここにあるんだよ

ゴチスペシャルに出演し久しぶりにゴチに戻ってきた中島健人さんが、あまりにもさらっと「大野くんとは行ってないんですけど、中居さんとは行きました。司会のイロハを教えてもらいました」と発言

 

2020年7月18日

0718 続・中島の乱〜ますたーおぶせれもにー〜 - 愛はここにあるんだよ

音楽の日で2人が共演。けんとくんが中居くんから「ますたーおぶせれもにー」という単語を授けられたことを明かす。中居くんは本当にそれを覚えていなかったらしくいつものように攻撃を仕掛けけんとくんを翻弄しようとするがなんと中島健人さんはそれに屈せず応戦。その結果照れる中居正広という貴重な絵面がお茶の間に流れる。

 

めでたく共演を果たしたため一連の中島の乱はここで一区切りかと思われた矢先、またも中島健人さんから衝撃の発言が飛び出した。それが、これから記述する中島の変である。

 

 

2.0728 中島の変

その日、私はよりによって負け試合の中継延長を聴きながら何の気なしに文化放送レコメン内Sexy Zone のQrZoneの時間を待っていた。

22時37分過ぎ、開始1分で夜神月のものまねをぶっ放したけんとくんかわいいなあなんて思っていたら事件は起きたのだ。以下、先程聴いていただいたものの文字起こしである。メールを送ってくださった方本当に本当にありがとうございます…

 

「あのねえ、(手を擦る音)ま、ちょっと中居さんと久しぶりにお話したんですよ。で、んまあ言っちゃうとプレミアムミュージックのぉー前に、中居さんにMCの基本みたいなのをどうしても教えてもらいたくて、食事に一緒に行ったんですよ。だからまだあ、中居さんがジャニーズ時代。に行ったんですけどぉ。まあ、あのここちょっと裏話というか。裏話っちゃ裏話で、おれ中居さんに写真撮ってくださいって言ったんですよ。でー、ま何人かいたんですけど、まあまあまあ、5、6枚撮ってくれたのかなあ?中居さんねぇ、一枚もねぇカメラ見てないんだよねっ、へへっ、(だんっ)ふふっ、なんか隠れてんすよ。でこれ実は、もおー、なんつうの中居さんカメラ見てくれないな、までもこれはいい思い出だなって思ってたからぁ、でも中居さんがそのあとに(スゥッ)『こういうのが面白いんだよ』と言ってくださってて、なるほどね確かに今これ言ってるもんね。エピソードトークね。だからあ、さすがですねって思いながら、ま、まだまだ裏話あるんだけどー、結構あの日ね色んなことが起きてるっ、からぁ、ただ、砂の器っていう作品をやった時に、中居さんが演じた和賀英良って役をおれもそのお去年演じててその砂の器の感想もいただいたんですよ。うんー、それもねすごく嬉しかったです。とてもねあのー見やすい、でー、あの中居さんは連ドラでしたから。おれが…3時間スペシャルかな?3時間だったんですけど。(スゥッ)まあ3時間の中でよく和賀英良を、砂の器を表現できたねっていうふうに言ってくださったんで、(スゥッ)ほんとに和賀英良先輩、感謝してます。はい。」

 

…本当は息継ぎも全部起こしたんですがさすがに狂気染みているので3回にとどめました。それでは続きまして、この話の何がとんでもないのかを解説していきたいと思います。

 

簡単にまとめておくと、

ドラマの感想→わかる
エピソード→まあわかる
写真→天変地異異常事態

 

といった流れです。

 

*追記 2020.7.29

モデルプレスさんからラジオの記事が出てました!!読んでいただくともっと話がわかるかと。いつも文字起こしが丁寧なモデルプレスさん。ありがとうございます。

Sexy Zone中島健人、中居正広とのエピソード告白「感謝してます」 - モデルプレス

 

3.中島の変、何がそんなにすごいのか

そもそもの食事の時期やそれが実現したということのについては前回、前々回に解説した通りです。砂の器も見ているだろうなあとは思っていました。

今回は!何がとんでもないって!! 

 

「おれ中居さんに写真撮ってくださいって言ったんですよ。」

「5、6枚撮ってくれたのかなあ?」

 

…あの、あの天邪鬼中居正広さんが、写真を撮った?姪っ子ちゃんでもパパさんでもその他身内でもないのに、写真を、撮った…?

 

何がとんでもないかを整理しましょう。

中居正広さんという人は、自分から何かを提案することがあったとしても他者からのおねだりにのることがほとんどない。公式に実態として残っていない!!

②おねだりされた場合茶化して流すのがほとんどである。そもそもライブのうちわでさえコスプレしたり変顔したりしてふざけているような人なんですよ!!!

 

つまり、けんとくんと5、6枚も写真を撮ったということは!!中居正広さんはけんとくんの「撮ってください!!」を了承したという奇跡が起きているのです…一発目で了承したのだとしたらそれはもう随分といい雰囲気になっていたのだろうと思うのですが、前述通りそもそもジャニーズの中でも2016年以降関わりの少なかったけんとくんがその場に居合わせたことがとてつもない奇跡です。

仮にかわされたとしてもけんとくんのおねだりに最終的には負けているわけだ…音楽の日の時のようにけんとくんが手綱を握って中居くんが動揺する瞬間があったということ……

しかも大体は撮れたとしてもふざけて一枚で終わるところをめげずにけんとくんが撮り直しを要求した結果5、6枚も写真が撮れてしまっている…

そしてなによりラジオという媒体でその事実がきちんと残された。これは中居正広さんのおたくとしてもかなり重要なことです…あの、あの天邪鬼が…ありがとうけんとくん。あんまりにもさらっと話してたけどすごいことなんだよけんとくん!!

 

整理しましょう。改めて、何がそんなにすごいのか。

 

中居正広さんがけんとくんの「一緒に写真を撮ってください!!」を了承したという事実

②一発目で了承したのだとした場合、いい雰囲気の中に関わりの少なかったけんとくんが居合わせていたこと

③写真を撮ることをかわされたとしてもけんとくんのおねだりに最終的には負けていること。音楽の日の時のようにけんとくんが手綱を握って中居くんが動揺する瞬間があったということ。

④1枚残るだけでも大快挙なのにこの世には5、6枚も2人の映る写真が存在していること

⑤その写真が残っているということをけんとくんが教えてくれたこと

 

以上5点より、中島の変は歴史資料になると言えます。

 

むすび  魔性な2人の行方

みなさん聴きました?写真の話の時のけんとくん。

なんつうの中居さんカメラ見てくれないな、までもこれはいい思い出だなって

いい思い出だって……あの天邪鬼をいい思い出としてくれるその心の清らかさといったらもう…いい思い出…

和賀英良先輩にはずっこけてしまいそうになりました。色々通り名あるけどその呼び名ははじめて聞いた。さすがタラティー

けんとくんのまっすぐさと、中居くんの元々もつ秘めたそれが噛み合ったんだろうと思っています。「中居さんにMCの基本みたいなのをどうしても教えてもらいたくて」って言われたらきっとほっとけないと思うから。

中居正広さんのおたくとして正直なところを言えば、事務所を出るタイミングでけんとくんという真っ白な、どこか自分と似た後輩とのつながりが出来たことはかなり中居くんにとっても刺激になったんじゃないかなあと思うのです。なによりけんとくんは中居くんの天邪鬼を跳ね返すだけの清らかでまっすぐな心を持っている…!このタイミングできんきでもキスマイでも城島くんでも坂本くんでもない、別の接し方ができる後輩が出来てよかった。天邪鬼を跳ね返すけんとくんとのこの先の関わり方が本当に本当に楽しみです。お互いに一筋縄では攻略不可能なところがあると思うので。

しかし一体誰と混ざって食事に出かけたのやら…なんとなく東山さんの前で「ますたーおぶせれもにー」は出てこない気がするんですよね。

2人とも人の懐に入り込むのがうまいし、ちょっとおじさまキラーなところがあるのでおじ狂わせとおじ狂わせが繋がったら大変なことになってしまったなあとは思います。魔性と魔性が交わってしまいました。この先もっと面白いことがあるかもしれません…

しかしまあ、何度も言いますが写真を撮りましたか…写真…写真かあ…断らなかったんだなあ…しかも一枚じゃないんだ…しかもたぶんちょっとふざけも入ってた「こういうのが面白いんだよ」にけんとくんが感嘆をもらしちゃってるんだよな…噛み合うようで噛み合わないふたりだな…

無邪気なとこは似てるふたりだとはおもうけれど、中居くんの世界に中居くん以上に無邪気な人間はこれまでいなかったと思うんですよね。

ほんとにあんぱんまんとバイキンマンみたいな2人です。どんなに性能を高めた武器で応戦しても、まっすぐにどかんと飛び込んでくるあんぱんまん。バイキンマンが今まで出会ったことない、だけど長男で、末っ子と年齢が離れてて、同じメンバーカラーで、なんとなく共通点のあるあんぱんまん。

ねえアラタクン、今後さ、もしもラジオで無邪気爆弾を投げるときは予告もらえません…?[無邪気危険]みたいなさ。そしたらあんなに奇声をあげたりなんてしないよ…

けんとくんがあまりにさらっと話していたので忘れてしまいそうになりますが、後世に残る重大事案です。この先もまた2人の話が聞けたら嬉しいな。次はあまり動揺することなく、受け止められたらいい、なあ……無理だな!!!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上で中島の変の記述を終えることとします。

どうやらまだ何かあるみたいなので、それが聴ける日を楽しみに過ごしていきたいです。楽しみが増えました。

なにかと物騒な季節です。お体ご自愛ください。

「俺たちは、大事なことに限って正直に言えない」

だーっ、5話!面白かった!!!そんでもって切なかった!!

 

冒頭のじろかいちゃん、安定のすっとこどっこいブラザーズで笑いました。わかっているようで何もわかってないジロちゃんと、色々わかりすぎてしまうカイくん。プロファイリングの悪用はよせ本間!!

頭の回転早いのにジロちゃんと取り調べ中に漫才やれちゃうんだもんな…抜けてるんだかなんなんだか…青春活動楽しそうでなによりです。「心に正直にあれ」という片野坂さんの教えを誰よりも守っている2人が好きだよ。

そしてなによりも5話はもうジロちゃんです。ジロちゃん…君は確かにヒーローだったよ…

ジロちゃんの「お兄ちゃんを追いかけるジロちゃん」から「警察官一ノ瀬次郎」への脱皮の回でしたね…!夢にまで見た逮捕の瞬間。切なくもあれがヒーローへの始まりになってしまったのか…切ないなあ…BGは自分から攻撃しちゃいけないので、りんかさんを守っている時のジロちゃんは確かに立派な警察官でした。

「どうだ見たか…俺の友達が来たぞ!めちゃくちゃ頭がいい俺の友達だぞ!」カイくんへの信頼がすごい!!!カイくんは完全にジロちゃんのスーパーヒーローじゃないですか。見ました?このセリフの後の本間快さん。いつからそんな顔をするようになったんだ君は…ジロちゃんの恋心一ミリも理解してないから全然野原さんの教訓活かしてないじゃんとか言ってごめん…やるときはやる男本間快。「終わったのはお前の方だ」攻撃の仕方も光の加減も微笑み方も全部全部スーパーヒーロー、恋でした。

「グー、ちょうだい…」あの瞬間ジロちゃんはお兄ちゃんの影を追いかけるジロちゃんから、完全に本間快の隣にいる『一ノ瀬次郎』になったんだなあ…隣にカイくんがいてよかった。よかった。貴方が泣ける場所があって。ひとりじゃなくてよかった。

あのなジロちゃん、BGは自分から攻撃しちゃいけないんだぜ…私毎週みてるから知ってるの…つまり君は立派な警察官だった…

そしてりんかさんは、脱皮したジロちゃんをカイくんに託したのだと思うのです。何も変わらないジロちゃんの未来ごと。カイくん、貴方何本メガネを壊してもいいから意地でもジロちゃんを守らなきゃいけないよ。りんかさんからもお兄ちゃんからもあの瞬間託されたんだよカイくん!!!!!

なんだかんだ及川教官がMVPでしたね。めちゃくちゃかっこよかった…!ちゃんと学生を信頼してるのが伝わってきてぐっときました。でもねえカイくん、馬鹿正直に『潜入捜査』と書くなよ…おばか…なんでスイッチはいったら最高にかっこいいのにそれまでがポンコツなんだ君は…やっぱり眼鏡がわられる!ってときじゃなきゃダメなのかな。われてからが本番なのかなあ。

 

さて。ここから先は恋のとっちらかしになるのでこのまま未満警察に浸りたい方は閲覧をお控え願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

よろしいですか?話しますよ?

ジロちゃんを励ますためにカイくんが放ったこのせりふがどうしてもどうしても引っかかっています。

「俺たちは、大事なことに限って正直に言えない」

あ、明らかに過去になんかあった人のせりふだ…本間快さん、恋人は今「は」いませんは本当だったんですかね……

よく考えたら先週からちょっと本間快くんの様子がおかしいんですよね。カイくん恋愛に疎いんじゃなくて、「好きな子の前でだけしかかっこよくなれない」のでは…もっといえば、「相思相愛の好きな子の気持ちだけは誰よりも理解できる」人で、だからジロちゃんの恋心も野原さんの縦読みも映画の結末も意味不明だったのではないかと思うのです。ジロちゃんとは友情という意味で相思相愛だから適切な言葉をかけられる。先週野原さんを抱きしめられなかったのは、矢印が野原さんからしかのびていなくて、自分は別に相思相愛の人がいたから。自分が本当に好きな人は最初から1人しかいないから。さらに、その人には本当の気持ちを言えなかったから。だから「俺たちは、大事なことに限って正直に言えない」という恋愛に疎い人間からは到底飛び出さないワードと表情をしていたのではないかと…思っています…

野原さんのことを引きずっているのかなあとも思ったのですが、それならば先週抱きしめ返せばよかったし、野原さんの旅立ちを受け入れた後にもっと違う表情があったはず。というか何度も言いますが野原さんの嘘にプロファイリングの本間快が気付かないはずないと思うので。あと見直して気付きましたが野原さんに好意があるなら助けに来たの前にあのため息はつかないと思うんだよなあ。少し呆れたような、そんなため息。あの瞬間カイくんがすっと線を引いたように見えました。

来週からは復讐編が始まるわけですが、誰の復讐なんでしょうか。柳田片野坂コンビの復讐で終わればいいんですけど…ちょっと違和感がありまして。ジロちゃんは警察官になった理由も家族のこともこんなに鮮明に描かれてるのに、カイくんの家族のこともカイくん自身のこともあまりにふわふわしてるような気がして。ジロちゃんの過去が明らかになり、弟のジロちゃんではなく警察官の一ノ瀬次郎として歩み始めた今、今後の懸念事項は過去の事件と本間快の反乱以外ないのでは…カイくんの明確な描写がないことを踏まえジロちゃんが全幅の信頼を置くカイくんが反乱を起こした場合、えらいことになってしまうのでは……と危惧しています。カイくんの「頭の良さ」にジロちゃんは信頼を寄せていますが、その「頭の良さ」が情に揺らぎ善悪を判断できなくなった時、ジロちゃん以外止められるのか…?もうジロちゃん闇落ちする理由ないので…となると明らかに利用しやすいのはプロファイリングという使いやすい才能を持つカイくんなのでは…?その信頼が揺らいだ時えらいことになってしまう…最終回で対立しなきゃいいんだけど…

で、ですよ。やる時はやる男本間快さん。ジロちゃんのスーパーヒーロー本間快さん。恋人は今「は」いません、の本間快さん。過去にその、野原さん以外の「大事なことに限って正直に言えない」相手がいたとして、その人をえげつない奪われ方をしていたとしたら。ジロちゃんとの絆を脅かすほどの憎悪を抱えているとしたら、「復讐」に加担してしまうのでは……「復讐編」って、片野坂柳田の「復讐」だけなんだろうな…?だって主人公2人に関係ない「復讐」をわざわざ後半に持ってくる…?まさか闇落ち本間快の「復讐」含まれてないよな…?と好き勝手に心配しています。だってジロちゃんもう闇に引きずられる要素ないもの…

 

とまあお察しの通りですね、自分の首をぎゅうぎゅうに締めています。このだらだら考察にのっとれば本間快くんには忘れられない人がいるわけで………

 

やめましょう。カイくんの眼鏡のことだけ考えます。来週はいよいよ及川教官にもスポットがあたりはじめるのかなあ。楽しみです。

0718 続・中島の乱〜ますたーおぶせれもにー〜

またもどえらいことが起きてしまった。中島健人さんは本当に私の夢を全部叶えてくれますね…

 

音楽の日にて、あの中島の乱の詳しい話が聞けました!!いやあ…上半期ふんばってよかった……

 

中島の乱をざっくり説明すれば、中島健人さんが中居正広という日本一の天邪鬼とご飯に行ったというただそれだけのことなのですが、それがどれだけとんでもないことなのかはこちらをご覧ください。

0514 中島の乱、何がいったいすごいのか? - 愛はここにあるんだよ

 

音楽の日、ちょっとくらいSexy Zone とお話してくれたらいいなあって思ってたんですけど…まさかあんなにがっつり絡むとは…嬉しかった…

 

以下、解説つきざっくりさっくり文字起こし。

(o'ω'o)けんとくん(゚ー゚)中居くん


(o'ω'o)あの、中居さんとご飯に行きました。

(あずみん?)あらっ

(゚ー゚)あらあそうですか、はい

さすが白々しいのには定評がある天邪鬼。かわせると思っていたらしい。
(o'ω'o)なんで覚えてないんですか?覚えてますよね

しかしけんとくんの攻撃だ!!中島健人のきらきらに耐えられるか!!
(゚ー゚)キィーヒッヒッヒ、覚えてる、覚えてます

この時点ですぐに中島健人さんの圧に戸惑う中居正広さん

(o'ω'o)あの、歌番組のMCをさせていただくってことで、

(゚ー゚)おお!

(o'ω'o)中居さんにアドバイス

(゚ー゚)えーっ!!

わざとらしい、かわいい

(o'ω'o)いただく時間をいただき…いや覚えてますよねっ💦

かわいい…負けるなけんとくん!

(゚ー゚)なんっ、て僕おっしゃってましたっけ

「おっしゃってましたっけ」ってどんな日本語。中居正広さんが照れています。高音が出ました。けんとくんグッジョブ!!

(o'ω'o)やっぱあの、MCにはー

(゚ー゚)うん

(o'ω'o)生放送の余白を埋められる実力が必要だ。それがmaster of ceremonyだって言ったじゃないですか!

(゚ー゚)ますたーおぶせれもにーって僕使いましたあ…?

けんとくんがすんばらしい発音なのに対してこの人は明らかにひらがなだった。これもしかしたら本当に覚えてないやつの可能性あるぞけんとくん…!そんな飲んだの…?

(o'ω'o)えっへへへ

(゚ー゚)じーぶんで今勝手に付け加えましたよね?!

で、でた…!中居正広のくせ、言葉が伸びるやつ!!

(o'ω'o)ちーがうんですよ中居さんとの思い出がすごくいいから

引っ張られてけんとくんものびてるかわいい。いい思い出かあ。よかったねえ。

(゚ー゚)ますたー、ますたー…

もごもごしています

(o'ω'o)master of ceremonyだって

(゚ー゚)お、そんなこと言いま、そんなこと言うタイプじゃないですよお💦

これはまじ照れのやつかもしれないぞ…あの天邪鬼が照れている…けんとくんの圧に戸惑い動揺している…!また高音が出ました!!

(o'ω'o)言うんです中居さん!!言うんです

(゚ー゚)酔っ払ったら俺英語出てくんのかな

けんとくん負けないな…強いな…大体ね、中居正広さん、あなた酔っ払ってなくても英語使えるじゃないですか。just wanna be   with my babyって書いたひとですよ貴方

(ふうまさん?)あはは

(あずみん)では歌の準備お願いします。よろしくお願いします。

(゚ー゚)お願いしますよ。ますたーおぶせれもにー…

気に入ったなこれ

(o'ω'o)ありがとうございました中居さん

(゚ー゚)ますたーおぶ、せれもにーですよ

ちょっとドヤドヤしています

(o'ω'o)master of ceremonyです✨

けんとくんの眩しさの勝利…!!天邪鬼を打ち破る中島健人のきらめき…!

(しょうりさん笑ってのけぞる)

(あずみん)結構いいこと言ってる

(o'ω'o)かっこいい!!

(゚ー゚)ま、ますたーおぶせれもにー…僕使うか

(あずみん)MC

(゚ー゚)おん、ますたーおぶせれもにーですねやっぱり

(あずみん)そうですよ

(゚ー゚)きにいっちゃったおれ

(あずみん)ちょ、ちょっとSexy Zone のことそのますたーおぶせれもにー言ってくださいよ

(゚ー゚)ますたーおぶせれもにー…どんな感じでしょう?

(あずみん)あっははは

(o'ω'o)中居さんが言ったんですよ!

天邪鬼に怯まない中島健人…!!

(゚ー゚)僕言いましたか

(o'ω'o)そうですよ

(笑い転げるあずみん)

(あずみん)ひどい

(゚ー゚)え、曲ますたーおぶせれもにーですか?

(o'ω'o)違います!!!ぎゅっととRUN!!!!!

このふたりの化学反応面白すぎないか…?ありがとう自担と自担…色々我慢して生きてきてよかった…

(あずみん)二曲続けてどうぞ

(゚ー゚)うはは

 

このやりとり、何がすごいのか

①もしかしたらけんとくんとの食事の際に中居正広さんが気持ち良くなるまで飲んだのかもしれないということ

②もしも素面でますたーおぶせれもにーを口にしていたらそれはそれでツボに刺さること

③世紀の名言「生放送の余白を埋められる実力が必要だ。それがmaster of ceremonyだって言ったじゃないですか!」

中居正広さんが本気でますたーおぶせれもにーを覚えていない可能性があること。つまりその言葉は中島健人さんしか知らない…

天邪鬼を動揺させた中島健人さん

いやこれはすごいですよ…ありがとうけんとくん…さすが令和のおじキラー。まさか中居正広まで手玉に取るとは。保護者顔でも優しい先輩顔でもない新しい顔が見れました…嬉しかった…ありがとう…久しぶりにてんぱってる中居正広が見れました…

 

新しい関わりかもしれない。中居くんとキンキでも、中居くんとキスマイでもない、新しい顔を見たような気がします。よくあのめんどくさい日本代表みたいな天邪鬼と話が通じたなけんとくん…

異国の王子と異国の為政者の出会い。アンパンマンバイキンマンの新境地。もうけんとくんには頭が上がりません…ありがとう…

 

この先もこの異世界見聞録を追いかけていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。けんとくん本当にありがとう!!!!!

頭文字をきみにおくるよ。

カイくん、才能開花!な4話でしたね。 

いつも一緒のジロカイちゃん、今回ははじめてのばらばらな任務。苦しい坂を上りきったあとのカイくんの表情がつぼでした。んー、かっこよかった!カイくんの才能の今後が本当に楽しみです。今後はもっと人の痛みに寄り添える人になるのかなあ。

京成王子さながらの王子様シーンもありましたね。一番助けて欲しい時に手を差し伸べたカイくん。野原さんにとって、間違いなくカイくんはヒーローだった。恋する野原さんの、ふたつめのお願いごとがささったなあ。いつか願いが叶うといいなあ。基本的に先週からときめきムーブはジロちゃんのお仕事だったから、急なカイくんに慌てました。っ…!って音人間本当にでるんだな。特にあの、ガムテープを外すところ。あんなのずるい…!なんですかあの突然現れた王子様。田畑くんしんどかったろうなあ。初恋、なのかなカイくん。うーん、でもあれだけ鈍いとあれですかねえ。それでも野原さんの気持ちはちゃんと受け取れてましたね。をい!って多分最初の縦読みの時点ではおもってたけど…!みんなの力を借りて、野原さんのヒーローになれました。沼にはまったんだろうなあ、野原さん。いつも見ていた横顔のヒーロー。手が届きそうで届かない彼。いたく不器用なカイくんの魅力、ちゃんと届いてたんだろうなあ。田畑くんは気の毒だったけど…!野原さんは最初からカイくんしか見えてなかったみたいだし。

でも田畑くんきっといいことあるよ!署長になれそうだし、将来!うん。いつかカイくんと野原さんの旅路が重なったらいいなあって思ってしまいます。

つかのまの、優しい恋だったんだろうなあ。カイくんと野原さん。2人が大人になって、再開する日がちょっと楽しみなような。たーってなりましたけどね!猟奇的なやばいやつのつけたガムテープ外すとこは!学校でガムテープ外すカイくん…。限界でした。んー、あれはたしかに失恋です。ざくっとやられた。

意志の強いカイくん。警察官になったらいろんな人のヒーローになるんだろうなあ。いのいちばんに、弱き人に寄り添ってくれそう。野原さん、あなたのヒーローは素敵な人です。事柄一つひとつに寄り添える、優しい人。一ノ瀬次郎くんの同室で、眩しい人。をとかはの、接続詞を適切に使える人。

刃物を避けていたシーンがそういえばありましたね。ジロちゃんとの特訓の成果かなあ。メガネは今週もわれてましたが…!楽に手に入るものじゃないのに!レンズ大事にして!

ますます過去も気になりますそういえば。スマートにかわる片野坂さんの。良き同期2人の秘密…。う、考えるだけでしんどい。にんまり柳田さんに目をつけられたカイくん。

ごしごしがんがん過去に踏み込むんでしょうか。わあ、やっぱり考えるだけでしんどい…!もう怪我だけは気をつけてほしいなあ。がんばれ、ジロカイちゃん!んー、応援しかできない!ばっちり次回もリアタイしたいと思います。蓮佛さん演じるジロちゃんの初恋の人。カイくん、ジロちゃんの大事な人に寄り添えるでしょうか。いつもの不器用カイくんに戻るのかな。苦しいくらい女の子にスマートなカイくんになってたらしんどいなあ。んー、いつまでも男子校を言い訳にしててほしい!