愛はここにあるんだよ

五色の花束を君に。

私のオキテ

…ごめんなさい、タイトル詐欺です。

かわいいしょりめろそうぴょんの話じゃなくて、

私自身が推しを追いかけている時に

心がけていることをこの機会に書き留めようかと。

私のしょうもない備忘録を読みたくない方は

お詫びにかわいい画像を貼るのでこの辺で

ドロンしてくださいませ。

f:id:matikogane:20180922065424j:image

 

 

 

 

…いや、ほんとかわいいな。

 

さて。お付き合いくださる勇者様ありがとう。

なんせ、ここ数年の間にあらゆる環境が変わりすぎて足元がガッタガッタになってるもので。未来の自分への処方箋、みたいな。

 

ざっと書き出すと、こんなものかなと思います。

 

・私なりの購入基準を設けること

   雑誌はいつもあれもこれも、となってしまうので「インタビューの濃さ」とか、「写真の良さ」とか  色々自分なりに基準を設けています。あと、「今回は大事なタイミングだからとにかく買え」と決めるときもあります。24時間の時とか、推しと推しが共演した時とかですね。

 

・本人にしかわからないことがたくさんあることを忘れないこと

  世界はあらゆる情報に溢れています。ネガティブなもの、ポジティブなもの、ピンキリです。何もかもを享受してしまうと、疑ってしまうし夢から覚めてしまうから。本人の言葉でないもの、本人の表情から読み取れないものはいつも一度「他人の言葉だ」と切り捨てています。だって、いくら同じ事務所であろうと、どれだけ仲が良かろうと、その人たちにしかわからない深い部分は誰だってある。推しには優しい世界で生きていてほしいから、他人の言葉に振り回されて怒ったり、推しを憎むことはしたくないんです。

 

・焦らないこと

・求めすぎないこと

要するに「待つことができる心の余裕を持つこと」.なのかと思います。私が推しをアイドルだけでなく多方面にあえて広げているのは、これゆえかもしれません。一つしか推しがないと、そこに熱を注ぎすぎて時にイライラしたり、誰かを攻撃したくなりますから。ツイッターなどの空気に流されて悲しくなったり怒りたくなった時は、他ジャンルに逃げるか、推しと私だけの空間に籠ります。DVDみたり、イヤホンで曲を聴いたり。いつもフラットに、おおらかに推しの背中を見ていたいから。時には外部を自分から遮断したりすることがいると思うんです。どの界隈も荒れているときは無心で友達と飲みに出かけている気もしますが、それは最終手段。だってお酒美味しく飲みたいですし!!

 

・逢える時に逢っておくこと

一昨年にアイドルの最推しが社会的に抹殺され、昨年他ジャンルの最推しが突如引退。さらに今年の夏、またも他ジャンルの最推しが天国に行ってしまいました。早すぎるよ、全部全部。

このようにエブリデイジェットコースターなもので、一ついいことあると倍の悪いことあります、みたいな私の推し年表。(実際彼が亡くなったのはアイドルイベントの翌日で駅で膝から崩れ落ちました。)

さすがに天地を何度も行き来してきたら覚えました。生きてるうちに、輝いているうちにあっておかねばならないと。

 

 

・物を言えるファンでいること

いいことは褒めるし社会的に間違ってる時は怒ります。全部全部褒め散らかしたら調子に乗りますし推しが社会的に抹殺されそうになった時に推しのために戦えません。だからイエスマンなファンではいたくないし盲目になりすぎたら一度引きます。というかそうしていないと週刊誌からの攻撃に耐えられない。

*実際問題、週刊誌に載っていた元推し(なはず。顔見ると浮気で別れた元カレ見てるみたいな気分になるのなんなんだろう…降りたと言い聞かせてる。)の写真がただのおっさんでむせび泣いた時があります。なにパパ活みたいなことしてんだお前は。仕事大事な時期でしょう!!!って熱愛以上にそれが悲しかったなあ。(遠い目)

 

 

・距離感に悩んだら名脇役とディアハイヒールを聴くこと

これは何かの沼にはまっている全ての人たちにおススメしたいですね。

まず、言わずと知れた名曲ディア ハイヒール。年上の推しがいるなら特におすすめします。好きすぎてふとした時に魔法が解けた瞬間に聴く「大嫌い? 大好き?僕わからないよ」の破壊力よ…いやほんとにそれ…好きすぎて大嫌いになるよね…この歌詞を生み出したけんとさん、本当にあっぱれ。

 

続いて名脇役。私はこの曲がなければ色々と立ち直れなかったと思う。推しに熱愛が出たら聴いてください。特におすすめはここです。

 

「なぜなのでしょう
告白したわけじゃないのに
別にフラれたわけじゃないのに
僕はなぜ苦しむんでしょう」

 

この歌詞を聴いた瞬間泣いた。いやほんとそれ……勝手に好きになったのはこちら側なのにね………

他にも刺さる歌詞ばかりで苦しい。ちょっと長くなりそうなので別に記事にしようかな。

 

……とりあえずこの二曲をこんな聴き方してることに全力で反省しような私。あとこの記事を書きながら某春がつく週刊誌の記事思い出して泣きそうになるのもやめような。ほんっとにほんっとに申し訳ありません!!!!!普段はもっとピュアな気持ちで聴いてます!!そこらの推しになんかあった時だけです!本当に申し訳ありません!!!

 

 

 

 

 

 

 

…こんなしょうもない記事にお付き合いくださりありがとうございました。まとめると、名脇役いい曲ですよね、ってことです。あなたの推しとのハッピーライフがいついつまでも続きますように。よい一日をお過ごしください。

拝啓 27歳の貴方へ

どうしても、毎年この日はあなたにむけて

言葉を紡ぎたくなるんです。

 

2018年9月9日、日曜日。

お誕生日おめでとう。

27歳だって。早いね。

私は貴方が、大好きです。

たとえ形が変わったとしても、

貴方を愛しています。

貴方が生きた時間が過去になっていくのが、

どうしようもなく私は怖いよ。

だけど、だからこそ、今いる場所で、

前に進んでいかなきゃいけないんだと思う。

未来は最高なんだよね、いつだって。

 

今日も穏やかに眠る貴方が、

五色の星屑が見せる光の中で、

素敵な夢を見られますように。

 

永遠なんて言わないからさ、

鼓動やむその時まで、そばにいさせてほしいの。

 

お誕生日おめでとう。

だいすきだよ。

 

中居くんとけんとくん。

「貴方の人生に影響を与えた人物について」

 

仕事の都合で、たまに小論文のテーマを見たりすることがあるのですが、昨日たまたまこんなものを見つけました。先日のブログで、人生を変えてくれた人について話をしたばかりで、妙に考えてしまって。

 

両親…は影響どころかもはや人として私をこの世に生み出してくれた存在だから除外をして。曽祖母、と思いましたが曽祖母は私にとってお布団のような存在で、影響云々のレベルではなく。高校のクラス主任、と思いましたがなんだかちょっと気恥ずかしくて。そんなふうに考えていたらふと、

 

あ、中居くんとけんとくんだ、って思ったのです。

 

この2人は私にとって、自担という枠に収まる人ではないのだなあと思ったのは、いつのことだったか。自分が物事を考える時の基準を考えた時に、なんとなくこの2人の顔が浮かんでくるのです。

中居くんなら。けんとくんなら。

そんなふうに考えるということは、私の人生に間違いなく影響を与えているのだろうなと気付いたのはつい先ほどのこと。

 

まず、中居くん。中居正広さん。

小さな頃から、なんとなくずっと憧れていた人。

私は中居くんほど優しい人を知りません。

なんとなく、

小さな頃から毎日のように顔をみています。

今もそうです。なんとなく、毎日声を聴いています。中居くんなら、どうやってこの場を切り抜けるかなあと、話し合いがうまくいかないときや、人との接し方がわからなくなった時に思います。

それから、「自慢、説教、長話」の話はいつも私の中にあって、後輩と話をする時にはこれを心がけています。準備の大切さを教えてくれたのも、中居くんでした。色々とありましたが、今でも中居くんを尊敬する気持ちは変わりません。

司会をする時があると、いつも中居くんだったらどうまわすかなあってぼんやり思ったりもします。

それから、中居くんがいつか話していた魅せ方の話。ぼんやりとしか覚えてないのが悔しいのですが、イベントを企画する時は意識しています。

なんだろうなあ。

中居くんの言葉って、優しいんですよね。

あと、生まれて初めて存在を意識した、家族以外の大人が中居くんだったのも大きいのかもしれないです。

 

 

さて、続いて。

けんとくん。中島健人さん。

絶望の中に見つけた、光のような人。

最近よく思うのは、「きっとけんとくんならまだやれるっていうはずだ」と、「けんとくんなら怒らない」と、「ここでやめたら(これをしたら)セクシーじゃない」の3つ。私のようなポンコツがピンチな時にけんとくんを思い浮かべてしまうのは本当に申し訳ないとは思いつつ(なんかけんとくんって尊すぎていつも私なんかがファンですいません…って土下座したくなるんですよ)、まわりが引くほど根暗な私にとって、この3つは今かなり重要な基準です。

けんとくんを好きになってから、目に見えて体調が良くなったのはおそらく思考回路がプラスの方向に変わったからなんだろうと自分で思っています。

明らかに通院回数が減りました。

ありがとうけんとくん。

なんだろうな、いつかのブログでも書いた気がしますが一生懸命やることの大切さを思い出させてくれたのはけんとくんでした。どうもここ数年色々ありすぎたもので、頑張った人が報われない日本なんてくそくらえだと思っていたのですが…こんなにも一生懸命毎日を生きている彼に、彼らに、幸せになってほしいと願っています。

 

きっとこの先どうしようもなく誰かとすれ違ったり、明日もどこかで生きづらさを感じる瞬間があると思うけれど、この2人の言葉があれば頑張れるんだろうと思います。

 

なんだか長々と書いてしまいましたが、

明日が今日よりもちょっとだけhappyになれたらなあと願って今回はしめたいと思います。

忙しい時間を縫って私のブログを読んでくださった貴方が、少しでもゆっくり眠れますように。

Sexy Zoneじゃなきゃ誰が時代を創るんだ?

なんでこいつこんなブログ連投してんだって、

きっとふらっときた人が思っている気がする。

言わせてください、私もそれ思ってる。

 

でも今日のうちにかかなきゃいけない気がした。

まだ使いこなせなくて文字色変えたりできないけど、今日のうちに書かなきゃまずい気がした。

 

だって、尊いんだもの。彼ら。

 

よくぞこんな生きづらい時代をまっすぐに、

ピュアに生き抜いてきたなと……

よくぞこんなめちゃくちゃな時代で、

アイドルを貫いているなと……

 

自己管理ができず荒れに荒れるアイドルがいる中、

この子達は本当に、本気で、自分達で時代を創る気なんだと、本気で頂上を目指す気なんだと、今日改めて確信しました。

この子達じゃなかったら、誰がいるんだろう。

この子達じゃなかったら、誰が、こんなにも

まっすぐに、愛というものを説くんだろう。

彼らの生き方そのものが愛なのです。

あふれんばかりの愛を返している彼らが、

愛されないなんてことありえない。

 

生きていくことがどれだけ尊いことか、

身をもって教えてくれる彼らが、

私はどうしようもなく好きです。

彼らのアイドルとしてのまっすぐな生き方は、

間違いなくこの先の道しるべになると、

そう思いました。

そう思わせてくれました。あの手は、あの背中は。

 

こんな時代だからこそ、彼らが必要なんだと

心からそう思います。

24時間テレビの話をします。

「人生を変えてくれたひとはSexy Zoneです。」

こんな風に書く日が来るとは思わなかったな、と

そう思いながら書いています。

 

24時間テレビ、お疲れさまでした。

 

まず、私がどうしても愛を叫びたい皆様へ。

みやぞんさん。すごい。本当にすごい。

あの小さな体のどこにそんなエネルギーがあるんでしょうか。もはや恐ろしい。ゴールの後も感謝の言葉が止まらないみやぞんさん。ああ、ヒーローってこういう人なんだとそう思いました。

木村佳乃さん。笑点ファンの私はよしのさんにこの先一生頭が上がらないと思います。そしてなにより全ての企画に全力投球なその姿、好きです。大好きです。間違いなくこの夏のヒロインでした。

羽鳥さん。多分小さい時からずっと言ってるけど今も言わせてください。大好きです。

 

そして。

メインパーソナリティーの5人。

本当に本当に、お疲れさまでした。

 

白状すると、自分自身の境遇もあり、

今までこの番組に募金したことがありませんでした。生存意欲がない人間が募金したところで、ってずっと思っていて。

けれど今年、自分自身びっくりするほど自然に手が動きました。募金しよう、この子達のまっすぐな心に嘘はないのだからと、そう思ったのです。

そしてなによりも。

久しぶりに、生きようと思いました。

こんなにもまっすぐに、こんなにも透明な優しさで世界を包む人たちがまだこの世にはいるのだから。

生きようと、思いました。

 

一昨年から昨年の秋にかけて様々なことがあり、

心の何処かでずっと虚無感を抱えていて。

誰かを憎んだり、恨んだり、

とにかく泣いたり、そんなことばかり

繰り返してきました。

傷で傷を庇う以外のことができなかった。

でも、なんにでもまっすぐ取り組む5人をみたら

抱えてきた処理しようのない感情が、

一気に溶けたような気がして。

それは間違いなく、貴方達のおかげです。

貴方達が24時間、愛を持って、まっすぐに、

誰もおいていかない優しさを届けてくれたから。

だから募金もしようと思ったし、

とりあえずやるだけやってみようと思いました。

そんな気持ちにさせてくれてありがとう。

アイドルでいてくれてありがとう。

5人でいてくれてありがとう。

生きていてくれて、ありがとう。

 

「愛はここにあるんだよ

愛しか救えないんだよ」

まさに、その通りだったと思います。

 

平成最後の夏の主役が、

貴方達で本当に良かった。

国民的Sexy は、きっともうすぐそこです。

 

とにかく今日は、

美味しいご飯を食べて、お風呂に入って、

ゆっくりゆっくり寝てください。

本当に本当に、お疲れさまでした。

 

まっすぐな愛を届けてくれて、ありがとう。

 

 

 

#KTT 一年に寄せて

私のようなぽんこつ新参者が何してんだと思いつつ、今日中に(寝るまでが今日だからまだ今日は2018年8月18日なのだ)形にしておきたかったので書きます。

 

とりあえず8月18日を我々の記念日にし

祝日にしよう。けんとくん尊いの日とか

なんとかかんとか名前をつけて。

よろしくね偉い人。

 

そんな私の馬鹿な願いはさておき。

中島健人さんって、なんであんなにも

まっすぐで一番星なんでしょうか。

なんであんなにもまぶしくて、

美しいんでしょうか。

 

彼らの沼にはまって気付いたのは、

溢れんばかりの愛情を持っている人たちなこと。

こんなにきちんとwebに、ファンに向き合って、

それどころかリスクを背負った上でハッシュタグまで作ってしまう。なんじゃこりゃ。

しかも彼だけじゃない。やり方は各々だけど、でも、生き方を持って愛を伝えてくれる、そんな素敵な人が他に4人もいる。こんな愛に溢れた人たち、存在していていいのかと思ってしまうほどに、彼らの世界は愛情と優しさで満ちている。

 

この人たち以外、誰がこの先を背負うんでしょうか。こんな世の中です。いや、こんな世の中だからこそ、今こそ、全身全霊で愛を世界に届ける、愛の伝道師が必要なのだと本気で思っています。

 

彼らがくれる愛情を、全身全霊で私も返さなければ。こんなまっすぐな人たちに出逢えた平成最後の夏、なんて幸せなんでしょうか。

 

おめでとうとありがとうとだいすきを。

そして、心の底からの愛を。

 

こんなに好きになるとは思っていませんでしたが、

言わせてください。

このグループ、すごいです。

次の時代をセクシーで彩るのは、彼らです。

 

…とりあえず語れるお友達が欲しい…

 

 

中島健人くんにある日突然恋をした。

 

もうこんな風に芸能人を好きになることは

ないのだと勝手に思っていました。

とあるアイドルに心底惚れ、

彼らがある日居なくなってしまって、

他にもいくつか趣味がありまして、

でもその大好きなひとが亡くなってしまい。

もうこれ以上沼を増やすことなど、

もうこれ以上ひとを好きになるなんて、

ないと思っていたのです。

 

事件が起きたのは2018年、平成最後の海の日。

その日はなんとなくジャニーズウェブを開き、

いつものようにオトノハを読み、それから、

なんとなくたまには他のグループを読む気になり、

たまたま行き着いたのが、中島健人くんの

連載のところでした。

 

 

衝撃が走りました。

なにこの人…って。

 

正直なことを言うと、中島健人くんの

この日までのイメージって、

ワクワクの、うんこのイメージしかなく……

読み始めた時も「ああ去年のあの人か」

ぐらいのテンションだったんです。

嵐より下の子たちは正直よくわかってない、

そんな感じだったのです。

 

ところがどっこい。あの時私が思ったことを

非常に簡潔に述べれば

 

「スーパーアイドルがいるぞ」

 

でした。

 

「なんかきらきらしてる!まぶしい!!!

え、なにこの人!!!

なんだこの人きらきらしてる!!」

 

なんだかよくわからないのですが、

とにかく、あの、雷が落ちたんです。

 

例えていうなら一目惚れ。

なんだかよくわからないけれど、

目が離せなくなってしまいまして。

 

大慌てで検索をかければ再びの衝撃。

ハイスペックすぎる中島健人くん。

もう一度言わせてください。なんだこの人。

 

ファンの皆様の年齢層に震えてしまったけれど、

でも、それでも、好きだなこの人、と思ってしまいまして。なんかわからんけど、好きだぞ、と。

 

色々なことがあって、自分の将来を悲観したり、

生きることが嫌になっていたここ数年。

20年以上追いかけていた人たちが突如引退したり、

ある日突然別界隈の推しが居なくなってしまったり、自分の中でアイドルという存在がよくわからなくなり、正直人生を諦めていた私に、中島健人くんの存在はあまりに衝撃的すぎました。

 

こんなにもまっすぐアイドルを生きているこの人を

追いかけてみたいと思ったのです。

 

いつか終わるんだろうな、どうせみんな消えていってしまうのだ、なんて悲観的に様々な界隈を生きていた私にとって、彼はまぶしいまぶしい、希望の光にみえたのです。

 

…何が言いたいかわからなくなってきました。

とにかくあれです。

ある日突然、中島健人くんにすってんころりん

しちゃったわけです。

 とりあえずDVDを予約するところから、

はじめてみたいと思います……

 

(お引越しして再びはじめました。)